蒸気機関車 誕生ーメカ異聞&製造工場見学記ー

松尾定行 著
2013年10月刊行

定価1,760円(税込)
四六判 ソフトカバー 200ページ

〈本書の内容〉
 本書は「蒸気機関車を新製します」と車両メーカーの人から告げたられ著者が、工場へ足を運び、製造工程を徹底取材したドキュメンタリー。合わせてぼう大な資料からメカニズムを学び、21 世紀における“最新鉄道車両” への理解において、著者はこの分野でトップグループに追いついた。福島市にある車両メーカーが収蔵する未来へ向けた蒸気機関車製造マニュアルと、国立国会図書館に眠る蒸気機関車教本の掘り起こしに奔走し、多くの鉄道書執筆で活躍する著者が、蒸気機関車製造過程のドキュメンタリーを平易かつドラマティックに説き明かす渾身の一冊である。

目次
 序章 蒸気機関車のメカニズムを学ぶ
 第一章 蒸気機関車づくリがスタート
 第二章 蒸気機関車を組み立てる
 第三章 蒸気機関車を仕上げる
 付 章 「SLやまぐち号」の奇蹟
     今も見られる小型蒸気機関車

[著者略歴]
 作家。昭和24 年長崎県諫早市生まれ。広島大学卒。雑誌編集部勤務の後、「きしゃ旅ライター」として鉄道・旅をテーマとする出版物の編集・執筆に取り組んできた。『鉄道ジャーナル6月号別冊 SL大集合』鉄道ジャーナル社刊、『週刊SL鉄道模型』添付冊子「 名車と絶景 列島紀行」全70回講談社刊、『「鉄道と旅」お宝図鑑』プレジデント社刊など著書多数。